藤沢・湘南台 みんなdeよがのナオミです(^^♪


梅雨が明けたというのに

雨が降る日が増えたように感じるのは

私だけでしょうか。

先日、秋田に行ってきましたが

東北は気温も30度いっても

湿度が低いので

すごーく爽やかでした(^^♪

朝からアクティブに動けるくらい

体がずーっと元気なんですよ!

低すぎる湿度はお肌に悪いんですが

適度(50~60%)の湿度が体にいいんでしょうね(#^.^#)



今日は、私の母のことを書かせて頂きます。

私の母は、看護師をやっているののですが

勤務中に患者さんとぶつかって

転倒した際に股関節を痛めてしまいました。

当初は、痛みが強く歩くこともままならない状況

でしたので、自宅で安静にしていたんですが

一向に良くなる気配がなかったんです。

田舎だったので、手術ができる医師が

いなかったこともあり大阪の病院へ

入院することを決意しました。

大阪の医師に言われた病名が

「股関節唇損傷」

でした。

最近ではレディガガや松本人志さん

を悩ませた病気としてご存知の方も

いらっしゃるのかも。

股関節唇とは、骨盤側と大腿骨骨頭を取り巻く繊維軟骨

のことだそうです。

母の場合は、60度の損傷だったそうです。

病気が気になる方は、インターネットで調べてみると沢山でてきますよ(^^♪


さて、病名がはっきりしたとこで

手術をし翌日からリハビリがスタート

しました。

なにより、これまで元気で

大きな病気もなく過ごしてきた

母でしたから

初めて自分の体と真剣に向き合う機会

になりました!


主治医から

患部の股関節部分に石灰がたくさん

出来ていたことを告げられ

『ずいぶんと我慢してましたね』と

言われた母は

泣きました。


これまでずーっと我慢していた気持ちが

溢れて、自分の辛さを先生が

理解してくれたことがなによりも

嬉しかったようです。

元々、我慢強い人だから

私を含め家族は

いつも母に頼ってばかりでした。

でも、今回のことで

我慢強くたって

我慢している心・傷つく心は同じなんだと思いました。

強く見せる人はいても

強い人はいないんだと教えてもらいました(反省)



2か月間びっちりリハビリに励んだ結果

退院の際には

杖歩行で歩けるまでになりました(#^.^#)

田舎に帰った後も

毎日歩いているようです。

母は、60歳になって初めて

自分の体に無理させていることに

気づいたと言ってました。

『やりたくないんだけど

体が元気じゃないと

おじいちゃんの介護ができないし

家事もできないし

みんなに迷惑かかるもんね』

と少し愚痴りながらも

前向きになってくれました( *´艸`)





『〇〇だからしょうがない』

と諦める前に

今のあなただからこそ

出来ることって

一杯あるんですよ(#^.^#)




みんなdeよが 遠藤なおみ