藤沢/湘南台みんなdeよがのナオミです(^^♪




先日、高齢者向けヨガ教室での質問をあげさせて頂きます。


『ヨガはなぜ鼻呼吸なの?』



質問をして下さった高齢者は鼻呼吸をすると

息が上手く吸えない感じがして、口呼吸ではダメなのかを聞いてきました。

この感覚がある方は、高齢者だけに関わらず多いのではないでしょうか?

理由については、順番にご説明しますね。





口呼吸と鼻呼吸の違いは?


口呼吸の口は消化器です。

鼻呼吸の鼻は呼吸器です。


このように身体の器官がそもそも違います。

呼吸器である鼻を使用して呼吸をすることで

呼吸筋が働き、口呼吸と比べ酸素摂取量が増えます。






呼吸筋とは?


呼吸筋(こきゅうきん)とは、呼吸を行う際に

働く筋肉の総称です。

普段意識して行うことが少ない呼吸も

筋肉の収縮によって行われています。

横隔膜(おうかくまく)が主力呼吸筋です。

肺活量の60%を担うとされています。

意識的に行う深呼吸や運動時などの呼吸は

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)や腹斜筋(ふくしゃきん)

腹横筋(ふくおうきん)など胸やお腹周りの筋肉が

働きます。

多くの筋肉が働くため、酸素摂取量が口呼吸と比べ増えるんです。





鼻呼吸のメリット


本来、私たちの身体は鼻呼吸をするように

できています。

口呼吸から鼻呼吸に変えることで得られる

メリットをお話しします。




酸素を効率よく取り入れることが出来る

鼻呼吸を行うことで鼻の粘膜にある神経が刺激され

喉や気管など空気の通り道を広げます。

酸素を取り入れる際、狭い鼻腔を通ることで抵抗が生じ

身体はより多くの酸素を取り入れようとします。

具体的には、血管を拡張させたり細胞を膨らませたり

するのですが、口呼吸はこれらの調整機能が

鼻呼吸に比べ劣っているため、酸素摂取量が少なくなってしまうのです。




リラックス効果を感じやすい

酸素摂取量が多い鼻呼吸は、口呼吸と比べ

リラックス効果が高いとされています。

心を落ち着けるために深呼吸をする時

ほとんどの方が鼻から大きく空気を吸いますよね。

この時、お腹の筋肉も使われていますので

自然と鼻呼吸をすることで腹式呼吸になっています。

口呼吸と比べて呼吸が呼吸が深くなるため

副交感神経が優位になりリラックスを感じやすく

なります。

逆に、口呼吸は呼吸が浅くなることで

交感神経が優位になり、心拍数が高まるなど

バイタル数値が上昇します。




免疫力を高める

鼻の粘膜は、外部から細菌やウイルスが

侵入するのを防ぐ役割を果たしますが

口は消化器のため、その役割が無いため

口呼吸は鼻呼吸と比べて

風邪やウイルス性の病気にかかりやすい

と考えられています。

風邪をひいて鼻が詰まると、口呼吸になってしまいます。

そうすると喉が痛くなりますが、それはウイルスや細菌が

喉から入り込み扁桃腺がウイルスなどに

感染することが原因です。





鼻呼吸で呼吸筋を鍛える


鼻呼吸のメリットについてお話しさせて頂きましたが

口呼吸だった方が急に鼻呼吸に変えるのは

大変だと感じるかもしれません。

でも、鼻呼吸について質問して下さった高齢者の方のように

『鼻呼吸は息が上手く吸えない感じがして…』

という方は、年齢に関わらず要注意です!!

呼吸筋の筋力低下がすでに起こっています!



日常生活の中で鍛えることが出来ますので

ぜひ!早速やってみましょう。



仰向けでお腹に手をあてて、お腹に意識を向け
  手がお腹の動きで上下するのを感じるくらいお腹を動かす
 その時、焦らずゆっくりと呼吸を繰り返す

歩きながら鼻呼吸をする
 途中苦しくなったら、吐く息は口でも大丈夫です。
  できるだけ、吸う息は鼻呼吸を心がけましょう。

⓷ テレビを見ている時、家事をしている時ながら運動
  ように常に意識的に行いましょう。
 
気づいたら、自然と鼻呼吸になっていますよ♪


参考資料:筋肉のしくみ・働き事典/sony so-net







(1月スケジュール)


1/20(土) 10:40~骨盤調整ヨガ

1/21(日) 9:00~朝ヨガ 10:40~ゆったりヨガ

1/24(水) 9:00~朝ヨガ 10:40~骨盤調整ヨガ

1/27(土) 10:40~骨盤調整ヨガ

1/28(日) 9:00~朝ヨガ 10:40~ゆったりヨガ

1/31(水) 9:00~朝ヨガ 10:40~ゆったりヨガ







クラス内容は、こちらをご覧ください。

1月・2月無料体験キャンペーン中♪

皆さまのご参加心よりお待ちしております。




みんなdeよが 遠藤なおみ