こんにちは!

『みんなdeよが』のなおみです。

今日は春三番!!?が吹き荒れた日でしたね。
(三番ってあるのか!?って感じですが…)


介護福祉士としてこれまで、いろいろな高齢者の方へヨガをお伝えさせて頂きました。

高齢者との触れ合いは多くの学ぶことがありますが、特に感じることがあります。

「生きてきた時代が違うから、体の感覚が違う!?」


先日、高齢者施設にてシニアヨガに参加された男性のご利用者が

初めてヨガをした時の感想をこんな風に表現されていました。

『なんかヨガは催眠術みたいだな』とおっしゃいました。

正直、笑いそうになりました!私は催眠術師!!?

『なんか頭がボーとして、フアフアする感じがした』と。

きっとその方はこれまで「力を抜く」ということをされてこなかったと感じました。

昔の方は、現在よりも肉体的労働が多かったと言われています。

そのため、体を常に使い続けているため、力を入れ続けることに体が慣れてしまったのではと思います。

筋肉は、”力を入れる=緊張” ”力を抜く=弛緩” 二つの作用のバランスが良い筋肉には大切です。

長年の癖はありますが、ヨガをはじめるのに年齢は関係ありません!!

高齢の方には特に「力を抜く」ことを体で覚えれるヨガをおススメします!

また、ご自身の体の体重以上の荷重をかけることがないため

筋力が低下している高齢者の方にも安心して運動ができるんです。

ぜひ!少人数制のヨガ教室ですので、年齢を気になさらずマイペースで参加することが出来ますよ。

みんなdeよがにいらしてください。

みんなdeよが 遠藤なおみ